比重


熱膨張係数



ものづくりの感性

かつて大田区の町で育った子供たちは、金属などの材料を体で覚えてきた。
町工場の廃材置き場から、ちょっと「お借りした?」鉄パイプでチャンバラをし
鉄パイプの硬さと重さを体にしみこませた。
体の小さかった私は、軽合金のアルミパイプを発見したとき自慢げに腰に挿し
その美しい白銀色を見せびらかしたものだ。
しかし、戦いの場面で脆くもその自慢を打ちくだかれっていった。
鉄パイプの硬さの前には、アルミパイプなど紙筒のようなものだったからだ。
今思うに、そのころ伊藤精機さんのチタンパイプがあったら向かうところ敵無し
であったろうと・・・。

今私は、このような経験をしてこなかった子供たちに、都立高専でものづくりを
教えている。
教科書の中から抜け出して、五感を使って素材を判断する能力を持とうと語り
かけている。
町工場の中から借りてきた部品の数々、金型に使う鉄系材料、デジタル機器
のマグネシウム合金、航空機用のジュラルミン、計測機器のチタン、OA機器
のアルミ・亜鉛、そしてABSやアクリルなどのプラスチック樹脂。
これらの重さ・硬さなどを体験した後、「比重」や「硬度」などを学んでいく。
数字はインターネット上に転がっている、まず五感で感じよう!

私の授業を受けられない方々へ
五感から材料を判断するのに必要な知識集をお届けする。
ものづくりプランナー No.A0001
                          2012,11,24

時が経ち、非常勤の都立高専から本業の検査屋ものづくりに専念する。
たまにお声のかかる近所の専門学校機械科で、昔取った杵柄とやらで
「産業スパイ講座。五感で盗め!」などと講義をさせていただくことがある。
その時、話題とするのは「君の持っているスマホ」の重さは?
という問いかけである。50g〜500gといろいろな答えが返ってくる。
持参したお勝手用の電子天秤で、夫々に測らせながら、
「ガラケイからスマホに変って行ったときに、重さに対する変化があった。
それまでは、100gを切ることが開発者への命題であった。」などと話をする。
そして話を進め課題にするのが、「銅」・「銀」・「金」 である。
文科系の年寄りたちは、この文字の並びから「人生」を連想するらしい。
結婚生活の積み重ねの年月、金婚式・・・。
 若者たちにこんな話はしない。
今だと2020年、オリンピックの金・銀・銅メダルだ。
出題するこちらは教職者では無く、経済人なので「金メダル。お幾ら?」
をテーマとして、銀メダル、銅メダルの値段も算出する。
昨年のニュースで、女子体操のコマネチの前に有名になった、ソビエトの
コルブトという女子選手の話題が流れていた。彼女がアメリカに移住した
のち生活に窮して金メダルを売ったとのこと、一個600万円位だったとのこと。
暖かく締めくくったニュースだった。
 さて、話を戻して金メダル、幾ら?
加工賃は別にして材料費(地金ベースでいくらになるか計算しなさい

<問題>
直径φ100×厚み8t   本日の金の地金レートは\5,000/g
という設問で

 答えは こちらへ